« ホビステ秋葉スタッフ対戦&公認大会(公認大会編) | トップページ | アバター作りました。 »

2009年7月28日 (火)

ルールその15(2頭討伐)

お待たせしました、ルール説明です!

今回は第3弾「紅蓮の皇帝」で登場したシステム「2頭討伐」について説明します!

このシステムは、

その名の通りモンスターを2頭一緒に狩るシステムです!

この2頭討伐の特徴は

2頭分の報酬と素材がもらえる事です!

これなら、いちいち1頭ずつ狩らずに一気に2頭いっぺんに狩りが出来るので便利です!

2頭討伐のやり方は

狩りフェイズに【L】と【R】と書かれたモンスターを一緒に出すだけです!

ただし、これだけではございません!

2頭討伐をするには

決められた2頭を出さないと出来ません!

ただ【L】と【R】を出すだけでは出来ないのです!

例えば、カードのテキストに「<2頭討伐(○○【L】)>」と書かれている場合、○○【L】も一緒に出さないと2頭討伐が出来ません。

2頭討伐をする場合は条件のカードも一緒に入れましょう!

あと、2頭討伐をする時の注意を。

2頭討伐をする場合、

2頭分のパワーの合計ではなく、テキストに書かれた決められたパワーになります!!

パワーが低くても、

2頭討伐の時にパワーがグンと上がるので要注意です!!!

ただし、このパワーを戻す方法があります!

その方法は

【R】を横向きにする能力のカードを使うのです!

この能力を使うと、【L】に書かれたパワーとして扱います!

例えば、前の記事で書いた「銀レウス金レイア2頭討伐」ですが、この2頭のパワーは両方とも4500と高パワーですが、

2頭討伐時はパワーが、何と10000(一万)になります!

4500でも討伐するのが難しいのに10000になったらもっと難しく、討伐するにも骨が折れます。

そこで登場するのが【R】を横向きにする能力のカードです!

これを使うと10000だった「銀レウス金レイア」ですが、銀レウスが横向きになり金レイアに書かれたパワー4500になります!

もちろん、この状態で討伐しても2頭分の報酬と素材がもらえます!

さらに、2頭討伐に関係するクエストもありますので、それらを考えてデッキを作るのもアリです!

それともう一つ。

2頭討伐のカードは【R】がオープン能力を持つものが多いので、入れる時は、【R】を多めに入れましょう!

あ、忘れるところでした!

2頭討伐をして、討伐失敗した場合

2枚とも表向きで準備ゾーンに置きます。

ただし、準備ゾーンの空きが2枚以上無い場合

準備ゾーンに残らず、捨て場に置きますのでご注意を!

あと、2頭討伐時に「部位破壊」が付くモンスターを討伐失敗した場合、

両方とも捨て場に置きます!(ここは、前回説明した「部位破壊」と同じです)

次回は同じく第3弾「紅蓮の皇帝」で登場した「古龍出現」について説明します!

お楽しみに(^^)

|

« ホビステ秋葉スタッフ対戦&公認大会(公認大会編) | トップページ | アバター作りました。 »

ルール説明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235686/30735975

この記事へのトラックバック一覧です: ルールその15(2頭討伐):

« ホビステ秋葉スタッフ対戦&公認大会(公認大会編) | トップページ | アバター作りました。 »