« 昨日得たもの。 | トップページ | 増えた…! »

2009年6月30日 (火)

MHHC ルールその4(カードの種類2)

久々のルール説明です。(お待たせしてすみませんm(_ _)m)

では、説明に移ります。

今回も、前回と同じカードの種類についてです。

前回は「ハンターカード」について説明したので、

今回は「ターゲットモンスターカード」について説明します。

ターゲットモンスターカードの特徴は、

1、討伐すると、報酬と素材がもらえる(報酬は、山札から引けるカード。素材は、ハンターカードを強化するのに必要なもの)。

2、ターゲットモンスターカードの多くは、オープン能力を持っている(オープン能力については後で説明します)。

3、ハンターカードと同じく、「低パワーの初期」、「中パワーの上位」、「高パワーのG級」と分けられている。

4、クエストを、持つものが多い(クエストを持つターゲットモンスターカードを討伐すると、GP(ギルドポイント)を獲得できます)。

です。

GP(ギルドポイント)というのは、このゲームに勝つために必要なもので、これを先に2000ポイント集めた人が勝ちです。

ターゲットモンスターカードを討伐するには、ハンターカードのパワーが、

ターゲットモンスターカードのパワーを上回らければなりません。

「パワーを上回らければ勝てない」、これは、いろんなカードゲームの常識です。

ターゲットモンスターカードを狩るとき、まず準備ゾーンという場所に置き、次に狩場に置きます(準備ゾーンはカードを5枚まで置けます)。

狩場に直接出すことは出来ません。

狩りは、準備ゾーンにターゲットモンスターを伏せていれば、何度も狩りに行けます。

あと、このカードゲームで一番重要なことを書きます。

相手が、ターゲットモンスターを狩るとき、狩場に自分のハンターを相手の狩りに参加して、妨害する事ができます!

ただし、割り込むときの注意点は、

1、割り込む場所(自分が討伐する場所に割り込んでください)

2、割り込んだハンターは横向きにキャンプに置く(横向きになったハンターは、行動できません)

です。

割り込んだハンターが討伐した場合、報酬は二人に分けられます。

素材は、ターゲットモンスターを狩場に出した人がもらいます。

それともう一つ、

もし、ターゲットモンスターを狩る時、パワーが足りなくて討伐できなかった場合、ハンターは横向きにキャンプに置き、ターゲットモンスターは表向きに準備ゾーンに置きます。

ターゲットモンスターは、表向きに置いても、討伐するまで何度も狩れます。

「ルールその5」に続きます(ぐだぐだですみませんm(_ _)m)。

|

« 昨日得たもの。 | トップページ | 増えた…! »

ルール説明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235686/30346751

この記事へのトラックバック一覧です: MHHC ルールその4(カードの種類2):

« 昨日得たもの。 | トップページ | 増えた…! »